ストレッチの話

昨日、お腹を引き締めるにはまずはストレッチをして、姿勢改善をとお話しましたが

今日はそのストレッチの話です

柔軟性とは関節の動きやすさを表してします

つまり、身体が硬いとは、関節の動く範囲が狭いって事なんです

身体が硬いと関節の動きに制限がかかり、動作が小さくなり、力も弱まります

ケガをしやすい、身体が歪む、などのリスクも多くなりますね

その関節可動域を狭くしている原因となる身体の部位は二つ

一つは筋肉

筋肉はゴムみたいに伸び縮みするイメージですが、実は違っていて

2種類の繊維が互い違いに滑走して長さが変化するんですね

2本の歯ブラシを向かい合わせにしてくっつけると

ブラシ部分が互い違いに入り込んでくっつきますね

あんなイメージなんです

筋肉が硬くなるって事はこの繊維の滑りが悪くなっているのです

もう一つは関節

関節周囲の組織はコラーゲンなどで出来ていて、加齢や運動不足、安静などで硬くなります

骨折してギプス固定した時とかになりますよね

これらの硬くなった組織に対してストレッチを繰り返し行うと

筋肉繊維の滑走が良くなり、関節内組織の結合がとけて関節包内液が増えて

柔軟性が良くなっていくのです

ストレッチは一気に変化をもたらす事はありませんが

毎日コツコツと行えば必ず結果を出しますよ

無理せず・諦めずに・コツコツと

何でも結局はおんなじなんですねぇ

一緒に頑張りましょうねぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

五十肩の話