五十肩の話

こんにちは!

今日は五十肩の話です

”五十肩とは肩周囲の疼痛と関節可動域制限を、2大症状として明確な病態診断をつける事が

できない疾患群を言う”とのことです

不思議ですよね、原因は不明で、病態診断がつけられないとは

しかも、”予後は良好で、1年ないし1年半で自然治癒する”そうです

そんなに長く痛くて動かせなくても、自然に治るっていうのも不思議だし

そんな長期に苦しむのに予後良好っていうのも納得しませんよね

五十肩にはまだまだ解ってない事が多いようです

「これは五十肩ですね、そのうち治ります」って言われてしまいます

でも”そのうち”が来るのをじっと耐えて待つしかないのでしょうか?

それは違うと思います

痛みをかばって身体の別の部分に負担がかかり、姿勢が歪み、気持ちも落ち込みますよね

積極的に治療を受けたり、セルフストレッチやセルフケアをした方がいい

自分の身体とじっくり向き合い、前向きな気持ちで挑みましょう!

もっと自分を大切に、労りましょう

”そのうち”を待つより、こっちから迎えに行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ストレッチの話