五十肩になりやすい姿勢とは?

皆さんこんにちは!

前回、五十肩についてお話しましたが、今日はもうちょっと具体的なお話です

実は、これまで五十肩の治療をして気が付いたのですが

五十肩になりやすい姿勢の人っているんですね。それはどんな人かと言うと、

猫背の人です

猫背とはどんな姿勢かと言うと、頭が前に突き出ていて、

両腕が前に出る巻き肩となっている

胸椎が後湾して背中が丸まっている。骨盤が後傾し、膝が少し曲がっている

スウェイバックとも言いますね

猫背の人は、肩甲骨が外側に離れて上に持ち上がっているため

肩の動く範囲が狭くなり腕が上がらなくなります

背中が丸くなるので、腹筋は硬く伸びにくくなります。

膝が曲がるので、ももの後ろに筋肉も硬くのびにくくなります

五十肩というと、肩や腕の問題のように思いますが

実は、背中・骨盤・足と全身に影響があるんです

最近はリモートワークでのパソコン業務や

スマホの使い過ぎなどで猫背になる人が増えているようです

姿勢の悪さは単なる見た目の問題だけでなく、疾患を引き起こす事もあります

早めに対処して、ひどくならないうちに改善していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

五十肩の話

次の記事

猫背はなぜなるの?