筋トレでスタイルアップはできるのか?

すっかり涼しくなって、身体を動かしやすい季節になりましたね

おうち時間も増えて、自宅で出来る筋トレで気になる部分のスタイルアップを

したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

最近では、SNSなどでトレーニング動画もたくさんあがっています

見よう見まねでやってみる人もいると思います

しかしながら、なかなか思うような効果が得られないという人も多いようです

せっかく筋トレに挑戦したのに、効果が得られなくて挫折してしまうのは

残念な事ですね。

なぜ効果が出ないのか?それはおそらく、そのトレーニングかまたはその負荷が

合っていないか、正しいポジションで出来ていなかったためだと考えられます

スタイルアップを目指す多くの女性は、ムキムキなマッチョなスタイルを目指して

いる訳ではなく、くびれたウエストや引き締まったヒップ、スラっとした細い脚を

望んでいると思います。しかし実際には、腹筋運動によって首の全面や胸の筋肉、または

脚を屈曲する筋肉などを使ってしまって、肝心の腹筋は使われていなかったりしています

スクワットではしゃがむ動作時に膝が内側に入ってしまって、前ももが以前よりムキムキになってしまったりする事もあります

なぜその様なエラーが起こるのかというと、人間には使いやすい筋肉と使いにくく衰えやすい筋肉があるからです。自分ではお手本のとおりに行っているつもりでも、別の筋肉を使ってしまい、細くなるどころか、脂肪の上に更に筋肉がついてゴツくなってしまうのです

正しいポジションが取れるように、柔軟性の改善も欠かせません

使い過ぎで硬くなっている筋肉を伸ばして、使えない休憩中の筋肉に刺激を与える必要があります。そしてさらに、適切な負荷を選んで行う事も大切です

高負荷なほど効果的とは限りません。高負荷過ぎて、筋肉や関節を痛めては逆効果になります

まずは、自分の情報を正しく知る事が大切です!

座位・立位・歩行時はどんな姿勢なのか?日常使っている筋肉はどこか?

使っていない筋肉はどこか?身体は硬いのか柔らかいのか?

写真や動画に撮ったり、誰かに見てもらってアドバイスしてもらうのもいいですね

自分にピッタリあったトレーニングでスタイルアップを図りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

働き過ぎと休み過ぎ